読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ifkanahaのブログ

ポケモン ダブルの構築をだらだら書いていくブログ

【ダブル】S12 インターネット大会 オルタネーションバトル サルノオー軸【9位】

やっはろー(=゜ω゜)ノ!
Ifkanahaです。


今回はインターネット大会、オルタネーションバトルで使用した構築を紹介したいと思います。


今回の結果から言うと25戦ほどして1750ちょっとと、案外満足のいく結果に終わりました。
構築の詰めが甘かったので、全く勝てないだろうと思っていたのですが、このような結果に終わって良かったです。


最終結果はまた順位が出てから後ほど更新し直します。

※11月24日追記



f:id:ifkanaha:20151124172121j:plain

見事9位でした




それでは、構築の紹介に入っていきます。






f:id:ifkanaha:20151116220819j:plain

驚いたことに20戦近く先発サルノオー、裏にギャラクシーという選出になった。
諸事情があり、この選出しかできなかったのだが、勝ててしまっていたので振り返ってみてもどうして勝てていたかよくわからない。
それでは、単体考察に入ります。







f:id:ifkanaha:20151116221045j:plain

ゴウカザル@いのちのたま
特性 もうか
無邪気 A156 C100 S252
[151-144-91-137-81-176]

ねこだまし オーバーヒート インファイト いわなだれ

ねこだまし』持ちの代表格。今回はゴウカザルの性能に助けられた場面が多い。
技範囲の優秀さから採用。『ねこだまし』は本来ギャラドスと並べた時に使う予定だったが、最終的にユキノオーを補助する時に役にたった。『オーバーヒート』はメタグロスへの打点。『インファイト』はメインウェポンとして、結果的にはユキノオーで削った後のズルズキンを威嚇込みでも容易に倒すことができた。
『いわなだれ』は増えると予想していたウルガモス対策として採用。
実際にウルガモスを処理するのに大いに役に立った。
当初は、最速のメガメタグロスを抜けないSをしているので、微妙だと思っていましたが、そもそもメガメタグロスがそんなに多くなかった。それにメガメタグロスがいてもメガ後に、ギャラドスを後出しして起点にしていくのでそんなに気にはならなかった。
ゴウカザルは制限ダブルでこそ輝くポケモンだと今回思いました。






f:id:ifkanaha:20151116222614j:plain

ユキノオーきあいのタスキ
特性 ゆきふらし
控えめ CS252 D4
[165-×-95-158-106-112]

まもる ふぶき ギガドレイン こおりのつぶて

おなじみCS襷ユキノオー
当初は、ニョロトノを抜かない控えめHCベースにしようと思いましたが、Hに振っても耐久が足りないと思いましたし、実際にSが速くてよかった場面が有ったり、襷を盾に強引に『ふぶき』を撃ちにいけたので、この選択は正解でした。
雨対策としても期待していましたが、雨に対してピクシーと合わせてギャラドスが起点にできたので、雨を使う相手にプレッシャーを与えたり、ユキノオーの処理を優先させたりできるのが強かった。
氷状態もよく引いてくれたし、多く見たトリドドンに対して打点が持てていたので、言うこと無しです。本当に強いポケモンでした。





f:id:ifkanaha:20151116223538j:plain

ピクシー@オボンのみ
特性 マジックガード
図太い HB252 S4
[202-×137-115-110-81]

まもる ムーンフォース ちいさくなる このゆびとまれ

この指枠。使っていて思ったことは、実数値の数値の見た目とは裏腹に、堅かった。オボン込みであらゆる技を確2、確3にできて、ギャラドスと組み合わせて物理耐久を上げることができる。
そしてなにより、特性のマジックガードがでかい。ユキノオーの霰ダメージは喰らわない、火傷ダメージも入らないというサポート役として完璧な働きをしてくれました。
メガメタグロスに対しても、『アイアンヘッド』を耐えてくれ、ギャラドスが容易に積むことができたので、コンセプト通りにできたかなと。
ピクシーの可能性を感じられました。





f:id:ifkanaha:20151116224451j:plain

ギャラドスギャラドスナイト
特性 いかく→かたやぶり
意地っ張り H84 A252 S172
メガ前
[181-194-99-×-120-123]
メガ後
[181-227-129-×-150-123]

まもる たきのぼり じしん りゅうのまい

今回のメガ枠。メガメタグロス、雨、ウルガモス(むしのさざめきはピクシーが吸う)に強い点から採用。
実際に積んだら止まらなかったし、環境に刺さってると思った。
ユキノオーのように全体技で制圧していくタイプではなかったが、水技の一貫性がとれていたり、『りゅうのまい』を積むことで多くのポケモンを抜けたので、メガ枠はコイツで正解だった。




f:id:ifkanaha:20151116225129j:plain

アーケオス@こだわりハチマキ
特性 よわき
陽気 AS252 H4
[151-192-85-×-85-178]

すりかえ ストーンエッジ とんぼがえり はたきおとす

結論から言うと無駄枠。
技構成を確かめずに採用した結果、本番になって『雪崩が入ってないやん!雪崩が撃ちたかったから採用したの!』という結果になったので、その後の選出がサルノオー一択になってしまったという結果に。
他のポケモン使いたかった。

※11月24追記

f:id:ifkanaha:20151124172152j:plain



f:id:ifkanaha:20151124172158j:plain

アーケオスを使っていたのは自分だけでした。




f:id:ifkanaha:20151116225849j:plain

メタグロス@こだわりスカーフ
特性 クリアボディ
陽気 AS252 B4
[155-187-151-×-110-134]

だいばくはつ アイアンヘッド しねんのずつき いわなだれ

コイツもアーケオスと同じく全く選出はしなかった。しかし、ウィンディなどを強引に処理しようと『だいばくはつ』を撃った場面から勝ちに繋がったので、役にはたった。アーケオス同様他のポケモンに枠を割いた方がよかった。







今回は2枠適当に決めてしまったものの、いい結果が出てよかったと思いました。大会も色んなポケモンが見れて楽しかったです。

それではノシノシ